11月晩秋の軽井沢

2012.11.08.Thu.16:27
10月末からは毎週、家の最終打ち合わせと転入手続きで通っている最近。
週毎に見事な紅葉がどんどん深まったと思ったら、すでに散り始めていた。
遅れていた工事で結局一週間引っ越しを延期した。
やっと来週はいよいよ軽井沢町民になるのです。

我が家のわんこは何を思うのだろうか?
旅行のつもりでいつ帰るかと思うのかしら?
聞きたいところだワンCIMG7103.jpg

木の葉も落ちてちょうど初めて出会った頃の森の風景に近づいて来た。
朝晩かなり冷えていると言うのが不安だが、建築会社のM社長は家は暖かいから大丈夫と言う、、
北海道仕様の家です。とおっしゃるので信じよう。
とにかく寒さに弱い私です。

ペレットストーブの手配もした。
森林課でダメ元で尋ねてみた補助金申請。
今年の割当2件のうち何と一件がまだあまっていると言う!
すぐに手配してもらい許可された。
ラッキーだった。
ストーブも散々迷って国産と、デザイン、機能にも考慮し決定。
予約待ちなので今月末に設置と言う。
楽しみです。


昨日、8日は特に用事もなかったので「タリアセン」入り口で以前気になっていたイタリアンに。
シェフおすすめのバルサミコの秋野菜のパスタ。
CIMG7230.jpg
CIMG7229.jpg



明治44年築の木造建築は懐かしい。
子供の時に見た、北海道での、開拓時代の面影残る木造の家々の思い出。
今も盛岡市内に多く残る明治、大正時代の建築。
小岩井農場でも木造の大きな農場の家は新鮮な雰囲気があった。
そういった記憶が私の原風景の家なのかもしれない。
淡いブルーの板張りも好きだ。窓枠デザインも明治だった。
CIMG7234.jpg



「タリアセン」は魅力ある作家や文人たちの家が移築されている。
今回はそこまでの時間はないのでいずれの楽しみに。
晩秋の今頃が一番いいのかもしれない。
訪れる人も少ない塩沢湖の散策。
作家たちの思いが沈んでいる様な雰囲気をきっと感じるだろう。



霜降。紅葉始まる10月も終わる頃。

2012.10.29.Mon.10:51
CIMG7065.jpg
10月25日。
入り口のシンボルツリーのようなこんもりしたもみじが期待通りに紅葉していた。
あちこちで秋色の軽井沢だった。
やはりお日様の出ている日中に行ったので寒い感じはなかったが
朝晩は冷えますよーと言っていた。
家に入れる「ペレットストーブ」が楽しみだが、注文と言うのでしばらく待たなくてはならいようだ。
リビングには置く場所はアンテイークレンガで仕上がっていた。
いつものスーパー「つるや」で買い物と軽くランチを。イートイン「ミカドコーヒー」で。
もうすっかり秋、、。
CIMG7057.jpg

十月。紅葉少し、、

2012.10.16.Tue.11:15
CIMG6990.jpg
紅葉もその場所や樹木によって色が変わっている印象だ。
前回に来たときから2週間だ。太陽のおかげでだいぶ温かく感じる。
ランチは手作りの餃子定食。夫が気にしていた店です。
店主のコレクションがいっぱい〜南米、アフリカ〜かしらね。
CIMG6987.jpg
きっと、ジョニーディップも好きなんだ。私もこの映画好き。
テラスからpondッテ言いたくなる池眺めてご飯。
餃子はお家で作る皮風で、注文聞いてから作り出した感じです。

肝心の家は二週間前に来たときと殆ど変化していない。
え〜〜大丈夫ですか?ちょっとのんびりな〜〜引っ越しもうすぐですが。
不安になりながらも点検や詰めの打ち合わせです。
本日の目的はカーテンの現場検証。
カーテン業者も来てくれて採寸の日だ。
まだ窓枠のないところも、、。

午後、いつも通りスーパーでお買い物して、軽井沢から帰途につく。
まだまだの様子にちょっとがっかり。
CIMG6963.jpg


九月の軽井沢に

2012.10.02.Tue.12:06
9月26日。
CIMG6912.jpg

晴れ渡った空に三つ子?の木が。南側には「バオバブみたいな木」(名前は不明)がすくっとあり、裏の北側には見上げるとこの三つ子のような木が寄り添って立っている。

ところで。
CIMG6905.jpg


肝心の家の外壁はかなり見た目は完成に近かった。
内部はまだまだという感じ〜後一ヶ月半で引っ越せるのか状態で不安になる。
え?大工さんも一人だけ、、。
最終の打ち合わせと確認などの用事を済ます、、が。
やっぱりいろいろ気になるところもあって不安に。
他の現場が忙しいというが私たちはもう引っ越すんですけどぉ〜
CIMG6917.jpg

帰りに軽井沢のいつものスーパーではなく御代田の同店舗に行って見る事に。
夏は恐ろしく混雑すると言うのでここに来る事になるだろう、と。
品揃えを観察。「野菜が少ないですよ」と言われた通りに確かに普通の野菜類がしょぼい。
理由は恐らく自分で作っている人が多いのだろう〜ということに。後は普通に使えるスーパーだと思う。
そこから見えた浅間山。
9月最後の週、よく晴れていた日だった。
気温は20°だが陽射しはけっこうきついので日陰に入りたい感じだった(紫外線つよそ〜)


遅くなったランチタイムに18号沿いの蕎麦屋に。
信州の新蕎麦10割。この蕎麦屋はいつも通り過ぎるバイパスにあったが初めて入ってみる。
まず量がたっぷりで気に入った。
無駄にもったいつけた店内や器ではない、いわゆる蕎麦屋だ。地味な雰囲気だが良い印象。
CIMG6918.jpg

8月夏の輝き「風立ちぬ」

2012.09.04.Tue.09:50
CIMG6862.jpg

8月最後の週末。
書棚にあったので堀辰雄、軽井沢を愛した作家の「風立ちぬ」を久々に読んでみた。
寂しい余韻が気持ちを落ち込ませる。
そう、今はこんなに緑に輝く光もやがて来る「冬」になるのだ。
私たちがここに来る頃は初冬なのだから。
ここも風景が変わるのだなぁと往く夏を惜しみたい。
「晩夏」の軽井沢を感じる。
住人たちは暑いと言うが、爽やかだ。日陰の木立に入るると、涼やかな風が通り過ぎる。
お盆過ぎたので少しは混雑も避けられるかな?と。この時期に家の様子を見に来た。
ミルクチョコレートみたいな屋根が貼られた。おいしそうな色だった。
工事自粛期間(観光地なので条例のひとつ)と言う事でし〜んとしていた。
なので先月からあまり進んでいない様子だった。
9月に入ったら一気にピッチがあがるというので次回に期待したい。
CIMG6859.jpg
ドライブ大好きなわんこは大はしゃぎ。建築中の家を見せに?一緒の私は疲れるけど、、、
SAでご主人様の戻ってくるのを待つ様子。
運転するようにも見えるが。運転手ならいいけど。乗る人(犬)
前日からの打ち合わせも済ませて、土曜日の午前中には帰途に。高速で東京方面からの渋滞を見ながら。やっぱりこの混雑は尋常ではない!聞いてはいたけど〜
いつ軽井沢へ着くのかな〜と他人事ながら心配になる。
他人事ではない。
今後、来てくれる人も時期と時間を考えないと近いはずなのに,
こんな渋滞では大変な旅になるだろうな。などと今から心配になったり。
CIMG6760.jpg
引っ越し業者も決めてネットも手配。光が入っていると言うので。まだ番地がないみたい、、、。

やっぱり、帰ったら東京はまだまだ残暑なのだ。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
 | HOME | Next »