ブロカントな「pace around」で…

2013.07.28.Sun.22:18
今日は午前中、外出先でステキなショップを教えてもらった。
続いているマイブームの「美味しいパン屋さん情報」から〜、、、。
上田の有名なパン屋「ルヴァン」のパンが売られていると言う。
残念ながら私はそのパン屋さんを知らなかったのです、、、。
ピッ!「美味しいパン屋」に反応してしまうのです。
すぐ近くだったので帰りに立ち寄ってみました。住所は御代田になります。

IMGP0162.jpg

「しなの追分馬子唄道中」の開催日。
特設Pもあちこちにあり、見物する人で賑わっている。
(盛岡の「チャグチャグ馬っこ」を思い出したわぉ〜)
追分から浅間ライン〜〜〜1000m林道に突き当たる手前。左側です。
大きな倉庫ふうな建物が,,あります。
え?ここかな?ここらしい。お店の名前はすぐには見つけられないけど(それもいい、、、)
地味なロケーション?ですが、知る人ぞ知る?
…お客さんは目指してきているようでした。
まだ開店したばかりと聞いた。

かなりこだわりを感じる「雑貨」「食品」「野菜」[家具」etc..

雰囲気は「ブロカント」なセレクトショップです。

デロンギケトルのクラシックなスタイルにひとめぼれ。わぉ〜欲しいです。
それと木のお皿。とってもやさしくて気に入りました。
お友達も連れていきたいオススメのお店です。


「pace around」
広い店内を「歩きまわる」とステキなお気に入りが見つけられると思います。
私も欲しいものがいっぱい〜で困ってしまったわ。
イギリスの町で見かけた屋内市場。インドアマーケット?の雰囲気に見えた。
いい感じに広々した空間、、。
今回は美味しいパンが目的だったので。どこかな〜と見渡す。と、
「ルヴァン」のパンはレジの横にありました!
IMGP0164.jpg

毎朝。ハード系のパンを食べたいのです。好きな系パンだった。
スコンも見つけたので買います。温めて午後のおやつに、、。
う〜んなかなかおいしい。です。
大阪で人気の自家焙煎珈琲の「赤い実」。豆は挽いてくれますよ!
〜〜お店に充満する香りです。

「香りが豊か。軽め。」に思いました。珈琲屋さんの多い軽井沢ですけど。
大阪の珈琲も、いいかも。
それもオーナーのこだわりセレクションと思います。


厳選されたモノたち。
体に優しいもの、心にも優しいものでいっぱ〜い。
「しばらく遊んでいたい〜」みたいな居心地の良いショップでした。
ここも、お気に入りな場所になりました。



庭のすみっこのプチ野菜畑で
こんな茄子ができていました。
IMGP0161.jpg

胡麻和えに、、。大きく、でぶっちょな一個。
IMGP0176.jpg


おまけ。
中軽井沢図書館で。
「香港の甘い豆腐」
静かな森の家に居ながら、アジアの喧噪に一気に引き込まれる。
香港の熱気、広東語の賑やかさを思い出しながらその世界に浸る。
ストーリーよりも仮想体験で手軽に香港に行ける本だった。
心だけ空を飛んで旅に行った感じが楽しめました(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村




軽井沢の「美しい村」と、「風立ちぬ」

2013.07.25.Thu.19:56
軽井沢の夏
私は例年を過ごしたことがないので比較はできない。
さらに昨今は全国的な異常気象でもあるので断定もできない。
暦では「大暑」過ぎて、、。

やっぱり、梅雨明け後の一時的な暑さ以外は涼しい日が多い。
昨年まで住んでいた「東京の夏
振り返ると尋常ではない(自然現象だけではない人為的な原因多い!)
…で、外は息もできないような暑さだった。
そこに比べての個人的な体感なので正しい判断ではないと思いますが。

ここに長い間暮らしている人たちはよく、
「暑いネ!」
「むしむししているぅ〜」毎日、挨拶のように言う。
けど、私には「そうかなぁ〜?」と思ってしまう。
でも私も来年になったら同じように言ってしまうかも…です。
「暑いっ〜」。
そんな予感が。
慣れって怖いので。

昨日、午後から気持ちのよい(大地と植物が)雨が降ったせいかな。
今日は本当に涼しいですよ〜。


それと。
いよいよ工事も夏休みに入るでしょう。
明日から、軽井沢の工事の自粛期間が始まるはずです。

近所でも宅地造成をしている。
トラック、工事車両の出入りで追い込みなのか連日、騒々しい。
静かに暮らす夏をまだ、過ごせていないので自粛期間が待ち遠しいです。
昨年我が家の工事もストップした夏で大幅に遅れたことを思い出す。
軽井沢条例が、町を守っている事でもあるのだと思い、受け入れる。

軽井沢には景観を維持するための環境条例、建築条例が細かく決められている。
私はそれは当然なことと思う。
日本人って「経済優先国民」ですから、
本当は独特の文化、美学(侘び寂び)もあったはずなのにね。どうしちゃったんだろう〜
近年は景観無視して何を作るかわからないもの。
木よりも高い建物がないって「当たり前」なことと思うのですが…
高さや大きさを競うビルの林立が常に街の景観を壊す(と、私は思う)

ヨーロッパの田舎町では教会の鐘楼が唯一高さのある建物で、シンボリックな目印になっている。
田園の郊外に出ると、その塔の下には必ず美しい街があった。


軽井沢=美しい村
静かに、暮らしたい町(村でもイイ)であって欲しい。
ノルウェイの人が「森がないと生きていけない」と。
私もその言葉そのままもらいます。
ハコモノ建築や、都市の模倣をした人集めの俗的な発展をすることが未来の目標ではないと思うのですが。

忘れてはいけない言葉。「美しい村」。
軽井沢の原点だと思うのです。


おまけ。
風立ちぬ
上映中のジブリの映画、実話です。
cinema.jpg

早速、観た東京の友人が映画の写真を送ってくれました。
「ありがとう!」
堀辰雄の[風立ちぬ」ではありませんが純愛はあります。
わたしはDVDになってから観る予定です。
とても楽しみです!

今年、植えたばかりでまだ小さい木ジューンベリー、こ〜んなに実が出来た。
美味しいです。

IMGP0116.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村


アシナガバチも住んでいる庭、シジュウカラの家族は?

2013.07.22.Mon.10:35
暑い週のあとに涼しい週。また暑い週がきたり…
の、今年の夏。
7月の軽井沢はそれでも朝夕はかなり涼しいと感じる。
楽観できないことは、日中の紫外線はきっと。強いよぉぉ。高度1000mです。
鳥たちのにぎやかな声に起こされて時間を見たら4時!まだ早すぎる〜ZZZzz

毎週、佐久に出かける時思うこと。
佐久は平らな大地だ。
日差しを遮る森が少ないので「太陽がいっぱい」
御代田〜追分〜中軽井沢の帰りの道のりでいつもその変化を感じる。
森の密度が増えることに比例して気温が下がり冷涼になる。
最後に、木漏れ日で未舗装の近所の森の中の道を通ると軽井沢に帰って来たなぁ〜と感じるのがイイ気持ちです。
ちょっとした移動なのにこんなに雰囲気、気候も違うのって面白いと思う。

招かれざる客。
アシナガバチもやって来た」

バスルームの大きな窓から中庭が見える。
昨夕、のんびり眺めていた時。
軒下にアシナガバチが二匹。出入りしている?様子に気がついた。
案の定、まだ小さいけどしっかりと六角形のお家建築中だった。

IMGP0123.jpg


地元の人たちに相談してみる。
やはり早めに取り除いた方がいいという。
アシナガバチの危険な時期は6月〜9月の巣の発達時期という。
蜂は確かに益虫でもあることは知っています。
できればそっとしておきたかったの。
でも、夏休み時期は小さな子供達も遊びにくるので、リスクは避けたいと思う。それで…
来週の撤去予定になりました。ゴメンネ…

春に「シジュウカラ」が子育てをしていた。
しばらくえさを運んでいて番の鳥たちは忙しそうだった。
その後。
植木屋さんも頻繁に出入りしていたり。朝夕、芝生の種まき水やり、、
その度に警戒の声を上げていたのだった。
なるべくそーっとしたつもりだったけど。
ひなの声も聞かれそろそろ巣立ちかな?
土砂降りの雨も、、
気温も下がったり。
心配していた。
気がついたら静かになっていた。
でも悪い予感がする。
土曜日に巣箱のお掃除をした。
案の定,羽の生えた無言のヒナたちが埋もれていた。
かわいそうに、、。お腹をすかせ口を開けたままで、、。
騒がしかったせいで親たちが放棄したのかも。
折角住んでくれたのに(泣)

IMGP0127.jpg


おまけ。
またまた…
農協のビジュアルな野菜。
IMGP0108.jpg

ナスです。
イタリアのゼブラナスとか?
スペインの「リスタータデガンディア」かも?
どっちかでしょうか。
絵心を誘う美しい野菜と思うのです。

軽井沢のトウモロコシはおいしい。
出る時期も短いよとと聞いていたので楽しみにしていた。
いろいろな種類があるのね。知らなかった〜。」
何を選んでいいかわかりません。
今回は名前に惹かれて「バニラッシュ
甘くやわらか〜〜い。急いで茹でました。
時間が味の命なので美味しかった~
IMGP0103.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村

軽井沢で、庭作り(野菜編その1)、カタヤマ肉店

2013.07.16.Tue.15:41
農園の思い出
友人たちと区民農園を借りたことがあった。
初めてなのに大胆にも「京野菜」の種を蒔いた…私。
「類は友を呼ぶ」…ズボラで気楽な仲間だった(笑)
あっという間に草ボウボウ。
区から注意勧告が来て怒られ、挫折。
そんな私なのに(懲りない?)野菜を育ててみたかった。
食べるものを作りたい。
端っこの日当たりの良い場所に苗を植え、種まきした。
できるだけカンタンそうな野菜をベテランたちから聞いて…
危うくボウボウ寸前の時に、植物に詳しい友人が遊びに来た。
「間引き」「剪定」をしてくれたことがありがたい。

芽が出たのを地面に植えて、ほったらかしていたジャガイモ

IMGP0041.jpg


花が咲く前に枯れてきたので、掘ってみたら…
すごぉ〜い!お日様と、大地に感謝したいです。
もう…十分楽しいです。感動してる。
という低レベルでプチ菜園楽しんでいるこの頃。


御代田町のお肉屋さんに行く。
ファインコストメッツゲライ カタヤマ肉店
駅中心から離れているのにお客さんでいっぱい!
さすがに噂通りの高レベルのお肉屋だった。

IMGP0010.jpg
このショーケースは日本ではない!ヨーロッパの肉屋だ!と思いました。

しかも、こだわりのある品物でいてリーズナブル。
一目でお気に入りになってしまった。
その夜に、、、国産の生ハムっす!!
御代田町 カタヤマ肉店の生ハム






おまけ。
中軽井沢図書館で。
夏にふさわしい江國香織の短編のオススメ。
スイカの匂い
きっと誰でも自分の子供時代を思い出せる。かも。
私も読みながらかって過ごした夏がくっきり浮かんできた。
自分の子供時代とシンクロしてしまった。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村










期日前投票。と、「狸穴庵」で本格的なフレンチお惣菜。

2013.07.14.Sun.18:13
やっぱりこの三連休で渋滞の軽井沢。
夏休み入ったらどーなるんだろう?
初めてのシーズンON体験なのです。
周りから聞いてはいたけれど…
ありゃ〜〜気楽に行きたい所にいけない(-。-;とは!
困ったなぁ。
でも、役場裏に期日前投票に行ってきた。
遠回りしてたどりつき無事投票済ますの巻き。

IMGP0020.jpg

中軽井沢のパン屋さん「ハルタ」にも寄る予定だった。
え?お昼前なのにもうパンがほとんどない。
ショックですぅー。ミルクがない、、。
開店前から行列で、すぐに売り切れたらしい。
そのあとに焼いたパンというのです。

昨日、今日は、長倉神社のお祭り昨夜は打上げ花火が上がった。
(ダブルで。プリンスでも花火がドンドンと。)
怖いのかナ「わんわん」吠える、るん。
東京では隅田川の花火、足立の花火毎年聞いていて一度も吠えなかったのに??
いつも真剣顔。IMGP0013.jpg



中軽井沢図書館に行った時。
ちょうど大人のお神輿が出ていた。
久々に聞いた「わっしょい」下町だと[そいや そいや」
私の中では「わっしょい」だったのです。

IMGP0024.jpg

軽井沢では誰でも神輿を担げるとか…
東京、下町もお神輿はあちこちで盛んだった。
でも伝統重視(頑固?)なのかな。
特に…三社祭では誰でも担げるという雰囲気ではないの、、。
その点、オープンでいいかも。
でも、ぶっつけで息が合うかは知らんけどね。
お神輿ってかなり重いから。キケン。

ハルタのすぐ近くに「狸穴庵」(っぽんぎですか?)という洋風お惣菜の店がある。
ヨーロッパの各国のお料理が並びます。
テイクアウト&立ち飲みコーナーのあるビストロという感じです。
軽井沢ならでは何処かでジビエが食べられるかな?と思っていたところでした。
偶然に入ったここで発見IMGP0021.jpg

ジビエのテリーヌなど本格的なフレンチオードブルが並んでいます。

イノシシ、シカ、ウサギを使った(うちでは作れないお料理ですよ〜)
今日はまず夫と私が一品づつチョイス。

IMGP0030.jpg


お昼ごはん用のお惣菜を買ってみました。
ビール酵母で作ったプチパンも添えて。
(写真は一品だけです)
帰り際、店内の看板で、「揚げさばサンド」
気になったので、また次回に!と思いました。
ボリュームがあるので今回は二品で十分でした。

西洋総菜 狸穴庵


昨日の昼は御代田町のお蕎麦屋「浅間 翁」です。
美味しいと聞いた蕎麦屋です。
11時半で満席。その後、次々来客が、、有名だったのですね。
まだ新しく、雰囲気もよい美味しいお蕎麦で、満足です。
コストパフォーマンスが良いことも嬉しいな!
IMGP0008.jpg

軽井沢には美味しい手打ちのお蕎麦屋さんが沢山あります。
さすが、信州です。 
でも、シーズンは並んでいる店が多い。
なので、ゆっくり食べられないことが残念。
お隣の御代田に足を伸ばし、美味しいお蕎麦を食べるのも、ありかな。
時間とコスパを相殺しても許容範囲と思ったのでしたの巻き。
浅間 翁

おまけ
小暑
夏らしい和菓子でお茶の時間です、、。
「朝顔」と「ほおずき」キレイ
下町の夏の風物、、朝顔市、ほおずき市を思い出した。

花岡の和菓子

IMGP0033.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村



軽井沢も暑い。「脇田美術館」に行く。

2013.07.12.Fri.09:25
今週。
日中は30℃ある。
でも…さすが家の中や日陰はやや低いので安心かも。

東京の友人から「毎日、フライパンの上を歩きながら通勤、
グツグツ煮えたぎる鍋の中で仕事」というメールが来た。
思い出したくないなぁ〜昨今の東京の異常な夏。

軽井沢。
梅雨寒を心配していたら…もう一気に夏です。
軽井沢の家にはエアコンはいらないと思っていた。でも…
設計したMさんが「どうしても暑い時期がある」と言う。
「そ、そうなんですか?」で、吹き抜けに大きなエアコンを取り付けた。
まだ使っていないが、掃除はどうするのかな?という、位置にある。
その方が気がかりだ。
今のところは、窓を開放したら森からの風の流れを感じる。
また、朝夕は涼しいので安眠は確保できている。

私の大好きなアーティスト。
脇田 和
脇田美術館に行った。
wakita museum of art
旧軽の喧騒から一本入った通りに静かなミュージアムです。

0016.jpg

そこには訪れる人も少なく、静かに「脇田和の世界」に入っていける。
初めて見たのはやはり、学生の頃。
彼の色彩が大好き。
洗練されたコラージュは楽しい。
「遊び」が伝わる絵たちです。
きっと脇田和さんは楽しく遊びながら作品を作っていたのでは…と思う。
それが伝わってくる、、。
本物の遊び」、手を抜かないで心から遊ぶ…そんな作品です。
だから見る側も楽しい気持ちになってしまう。

ものつくりの現場で。
楽しい!って思いながらるんるんと筆が手が勝手に遊んでしまう時。
反対に苦しくて(難産?)眉間にシワをして作成する時もある。
すべて作ったものに出ているのだが…(つまりは未熟者です)

楽しい時はあっという間に仕上がっている。
苦しい時はいつまでも終わらない。中断してしまうことも。

脇田和の作品を久しぶりに見た。
いつでもすぐ近くで「会える」んだわ。
それはここに来た意味もあるのかもしれないな…
よかった。

SANY0003.jpg

SANY0006.jpg


建築家、吉村順三さんが作った脇田さんの別荘は不思議なデザイン。
魅力的な外観を見ることができます。内部は普段は非公開のよう。
その中庭をはさんで隣接したモダンなミュージアム。

0009.jpg

二階には芸大の「吉村順三展」で見た別荘の模型も展示されていた。
そこは大きなサロン。が、軽井沢らしいのです。

おまけ。
この前に訪れた小諸ワイナリーで買った、スパークリングワイン。
夏らしく爽やかでキレイなブルー。
ペパーミント風味?のようです。

CIMG9261.jpg


それと、中軽井沢図書館で読みたかった二冊借りた。
江國香織「左岸」辻仁成「右岸」一気読み。
「左岸」読んだら最後に気になるワインが登場する。

SANY0004.jpg


微発砲のイタリア産「マルヴァシーバセッコ
弱〜い私にぴったり。好きです。やや辛口と。
でも…夫には軽すぎかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村





「ホタルが来た!」~ご近所の森のカフェ[ルピック]へ

2013.07.08.Mon.08:34
SANY0001.jpg

昨日の七夕。
今度はいきなり「梅雨明け」という。
その午後に驟雨。
翌日の今朝は爽やかです!「夏は来ぬ~」

先週末。
帰宅時に夫が「ホタルが飛んでいるよ」と。
そして…庭にも飛んでいました。
私は(多分)ホタルをみたのは初めてです。
森の中を乱舞する、怖いくらいに案外大きな蛍にびっくり。
人魂?みたいに思えてしまったので。
頭の上を飛んだり、ふわりふわりとあちこちに出没。
家の周りに沢や水路が多いのです。
ホタルが庭にくるなんて最高!
感激した~。

静かに、蛍がひっそり住む環境を見守りたいです。
ホタルの出没は短い。時間と天気、気温にもよる。
二週間くらいで見られなくなるというらしい。

幻想的な初夏の夜でした。

追記/蛍と出会うとき。
   近くまで車で乗り入れない。
   懐中電灯も止める。
   静かに木みたいに暗闇にいる


あれ?「カナカナカナ~
何時の間にか「ハルセミ」に変わってヒグラシ?がしきりに啼いています。
ヒグラシ
私の懐かしい記憶は夏休みが終わる頃。
夕方にカナカナと蝉ががなきはじめると慌てて宿題をするーという。
勉強しない子供時代でした。
また、その声はどこか寂しい。
暑い夏が終わり、もの思う秋にふさわしかった…けど
俳句でも秋の季語になっていると言う。
関東では晩夏のイメージです。
昨今は聞かれなくなって久しかった。
実際は梅雨時から聞かれる土地もあるというのです。
なるほど…軽井沢がそう、、。
夏は短いってことかも?

週末の農協で。
スグリ

SANY0020.jpg


初めて見た。物語の場面によく出てきたなぁ~
黒すぐりは聞いたことがあるけど、これは翠色。キレイですね。
塩漬けにしてみることに。梅干しと同じ酸っぱさという。
焼酎漬け、ジャムにも、シロップ漬けも適していると言う。
塩をまぶし、黄色になったら食べごろとか。

週末に良く散歩をします。
私の散歩は1時間歩いても遠くにはいけないのです、が、、
でも、歩みが遅い分周りがよく見えるという「メリット?」も。
小さな看板「森のカフェ」が。
この先は周りはな~~んもなさそうな森ですけどぉ~
気になるなぁ。
"Le Pic「森のカフェ」
で、土曜日に夫とブランチに行きました。
昨年の12月にオープンしたばかりという。
ちょうど私たちがここに来た時期と同じですよぉ!
うちをよく通り抜ける子狐がここも通っていたのですと。
遊びにくる動物たちの写真を見せてくれました…
その中にいました。
この子だわ!この森がお家なのね、、


SANY0018.jpg


S0016.jpg



静かな森に小さな動物たちが遊びにくるおうちという感じです。
お話の世界…のお家のようです。
とてもカワイイ奥様とアウトドア派のご主人。
気持ちのこもったセレクトされた珈琲と紅茶で深い森を見ながら
癒されてゆっくりできる場所と思います。


SANY0007.jpg


SANY0015.jpg

SANY0014.jpg

おまけのるん。
緊張フェイス〜「私も連れて行ってもらえたワン」
SANY0012.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村



「ルヴァン」美術館へ、”美術館の日”だった!

2013.07.01.Mon.15:09
7月1日の今日ルヴァン美術館
CIMG9273.jpg



前から行きたかった「ルヴァン美術館
長い冬季の休館がやっと終わり、先月中旬に開館したので楽しみだった。

CIMG9263.jpg

CIMG9264.jpg


ルヴァン美術館は「文化学院」の創始者西村伊作さんが作った美術館です。
1921年創立された駿河台の文化学院の校舎を復元した建物である。

文化学院は友人が通学していた。
当時、美大生だった私はこの学院がとても気に入っていた。
電車では大学と反対方向の御茶ノ水に降りて、入り浸って?いたのだった。
とうとう、学院の生徒と間違えられたり。
自由な校風が漂う学院は、アカデミックな大学に馴染めなかった私には
居心地が良かったのかもしれない。

西村伊作の学校の方針。
「小さくても善いもの」「高価なものより美しいもの」は素晴らしいです。
今も、私のモノ作りの原点に近いと思う。
とても及ばないレベルですが、、目指す気持ちとなっています。

建物からの見える窓の風景。
薔薇が咲く美しい庭が眺められ、緑が優しい。
それと、、ヨーロッパの小さな村の教会のような匂い、、静謐な空間、、。

CIMG9265.jpg


CIMG9266.jpg

大正時代の軽井沢は興味深い。
展示は軽井沢の良き時代を見たことがない私たちに教えてくれる。

軽井沢の本質、今、失われつつある危機、よく見えるようで再認識したい。
軽井沢の歴史と軽井沢の在り方、成り立ちを沢山のスケッチで見せてくれる
貴重な企画と思う。


「カフェ ルヴァン」で今、この時期には静かな時間を楽しめそうだ。
通り過ぎない、立ち止まる時間が感じられるステキな場所だ。
ランチメニューも豊富だ。
今日は有機珈琲と大好きなガトーショコラにしました。
カフェと、ミュージアムショップのみ利用も可。それとワンコも一緒OKも楽しい。

カフェ情報
CIMG9269.jpg

CIMG9270.jpg




おまけの出来事。
毎月1日は東京では映画も日だったけど〜
軽井沢では「美術館の日」
町民は無料で入館できるという。
偶然だったわ!
ラッキー。スタンプカードももらいました。
ドリンクやポストカードプレゼントと書いてあった。です。
それと9カ所のミュージアムが書いてあるので分かりやすい(行きやすい)、、。
CIMG9268.jpg


お気に入りの場所に決定。
梅雨の合間にミュージアム散歩もなかなかいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村

 | HOME |