いま!軽井沢の紅葉、黄葉100%、「プティラパン」のモンブラン

2013.10.28.Mon.08:16
IMGP1140.jpg

IMGP1159.jpg


IMGP1137.jpg

IMGP1160.jpg


IMGP1154.jpg IMGP1133.jpg IMGP1162.jpg



周りのどこを見ても、黄金色、橙、真紅のグラデーションの森です。

やっと静かな風景になったと感じる日曜日でした。

午前中は「軽井沢リゾートマラソ」でしたね。

紅葉の木々に囲まれて爽やかな空気の中を走るのにはぴったりな日和。
また、バイパスでは相当数のツーリングの中年?のライダーたちが連なっていた…何十台…だろう…(イージーラーダーみたい?古いネ?!
久々の晴天ですもの〜。enloy〜〜

おやつのケーキを買いに混雑していない追分方面に行くことにした。
バイパスから浅間サンラインの交差点を左に折れ、そこから程なく右手にある、
「Petit Lapin」に行きました。IMGP1120.jpg

「自然にやさしいすべてほんもの」の素材だけで作られた洋菓子専門店。
IMGP1123.jpg
とっても可愛い、ステキなお店。お庭も魅力的。オリジナル?なロートアイアンのすてきなエクステリアです。

自分にはモンブラン&ガトーショコラを。
カフェコーナーもありますよ。自分のお家みたいで落ち着けそうです。
今日は噂に聞いていた希少な食パンもありましたヨ。

IMGP1130.jpg


モンブランを食べた時…
高校3年の秋を思い出した。
新宿中村屋の中二階カフェで。
美大を目指す友人たちとそこで「タムロ」っていた。
創始者の相馬愛蔵 、黒光夫妻の雰囲気がいっぱいだった。
中村彝や青木繁、佐伯祐三…だったかな?全部は忘れたが好きな絵たちに囲まれた、低めの天井、オークのテーブルや椅子。黄昏時のような照明の静かなカフェ。大好きな場所だった。
今はもう…ない。だいぶ前に、知らないうちになくなっていた。
いや、消えてしまったと言った方が正しい。
まだ未来も見えない頃のあの時間が夢だったみたいに。

新宿三丁目っていったら「中村屋」
ビル全部がぜーんぶ中村屋。どの階に行くかTPOで使い分けていた。
それが…今。中村屋ビルは工事中らしい。
テナントの入ったの今風のフツーのビルになって欲しくないなぁ〜。
そうだったらもう行かないと思うナ。
…創業時の面影残るレトロモダンが私の中の「中村屋」(個人の意見です)
文化って新しいことだけではなく熟成?することでもあると思うの。
そうして本物になったものは何時でも、どの世代にも「新鮮」にググッとくるんじゃないかなぁ。

まぁ独り言の様なモノですが。

中村屋の「マロンシャンテリー」
それを思い出したのだった。
味覚の記憶
「マロンシャンテリー」は少し砕かれたふんだんに使われる栗が硬くホィップした生クリームと合わされグラスに盛られているというごくシンプル(=ゴージャス)なスィーツでした。
一緒に、大きな分厚いカップのロシアンティも。とお気に入りだった。
そのメニューも無くなって久しい。

ずっと昔の事なのに、栗の季節にいつも食べたくなるんだった。
モンブランも好きなので、それで良いと思っていたが、ちょっと何かが違っていたのかもしれない。
その味を思い出させるモンブランに出会えてうれしかったナ!

おまけ。また野菜の話。
野菜即売所「ひだまり」にて。ひだまり
とうもろこし。IMGP1115.jpgもう最後でしょうね。やっぱり買ってしまう。美味。


1117.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村



コメント

管理者のみに表示