寒の入り… 七草粥、軽井沢ではDVDで映画を!

2014.01.09.Thu.18:11
小寒です。
いよいよ一番寒い時期に突入の軽井沢です。
今朝は大雪でしたよ!

IMGP1970.jpg

朝、軽井沢病院の予約があったのでこんな道を走って行きました〜〜。

IMGP1971.jpg

軽井沢病院から見た離山です。半分、雪に煙っている?

1977.jpg
午後は一時こんな青空も出たけれど。

IMGP1935.jpg
昨日の日中はるんもお庭見てましたが、、
IMGP1940.jpg
昨日の朝の東の空。こんな感じだったのですが。


また…週末に寒波も来ているようです。
軽井沢もマイナス8〜10℃の日も…多くなったようです。

それで…お家にこもる日も多い。

年末〜お正月はレンタルした映画をいくつか見ました。
「奇跡のりんご」
青森が舞台の実話なのです。
北国の風景の中で10年にわたるその苦労を見ていると(意味ないけど他人事ではない感じで)つい感情移入して見入ってしまった。
「無農薬」って食べる側では想像できないくらい簡単なことじゃないのですね。

「デルスウザーラ」ロシア人の探検家ウラディミール.アルセーニエフの探検記録を元にシベリアの大自然を舞台にした黒澤明監督の25作目の作品。1975年。ロシアで映画を作っていたのですね。
大自然…酷寒の果てという風景…
黒澤らしい沈んだモノトーンの世界に引き込まれました。
私は「なめとこ山の熊(宮沢賢治)」を、思い出してしまった。
でも、デルスウザーラの結末は異なります。
やっぱり一番恐ろしいのは「人間」なの?…と考えこんでしまう。自然の中で暮らそうと思う人には見て欲しい映画です。
そして思ったこと。デルスウザーラみたいな人…日本にも昔はいたのではないでしょうか?きっといたと思う!

それといきなりキューバ映画
「夜になる前に」2001年。
キューバの詩人レイナイド・アレナスのカストロ政権下の自伝映画。
…余談、え?ジョニーデップが二役で出演が面白かった。
「ブエナビスタソシアルクラブ」をみて、キューバに憧れた時代があった。(今でも行ってみたい国NO.2に位置しているけど…遠い…)
イスラムへーレスという島に行ったことがあった。その時その小さな島からロシア製のオンボロ飛行機で毎年のようにキューバのmusicを聞きに通っていた年配の日本人にであった。え〜そんなに〜好きなんですか?って思った。…ノスタルジックイメージな社会主義の国。
あまり知識がない私でごめんなさい。
ところが、この実話の映画で目から鱗が落ちた。
キューバって!?

今週は期待大のインド映画「きっとうまく行く」を観る予定です。
(多分最近は踊らないと思うのですけど笑)
軽井沢では映画館がないので…DVDになるのを待っていた!
時には映画の話の巻き。

今年もヨロシク〜
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村









コメント
はじめまして♪
はじめまして…るんママさんとお呼びしていいでしょうか?
私もトイプードルを飼っておりまして、しかも私達夫婦も昨年9月より東京より軽井沢の隣町へ移住してまいりました。
るんちゃんは暖炉のあるお部屋であったかですね。我家はeco生活で湯たんぽをベッドに入れて我慢させています(笑)
慣れない土地での生活ですが気になっていたお店などの情報盛り沢山で行きたいお店が増えました。
これからも楽しみにブログ拝見させて頂きます。
近頃老眼がすすみ苦労しているアラフィフの私です。
chessmamaさんへ  はじめまして!
ありがとうございます
カワイイ家族でいいですね
ステキなブログ!お邪魔させて頂きました〜こちらこそよろしくです。
軽井沢らしい暮らしこれからも楽しみにしています。るんままより

ps
大きなドッグランもあるのですね!すばらしい〜v-237

管理者のみに表示