軽井沢の大雪その後の出来事(6日が過ぎた)

2014.02.20.Thu.15:03
ー大雪の続編ですー土曜日から6日が経ちました。
IMGP2548.jpg
ドドド〜屋根からの雪崩(るん呆然)
裏も、、「タイヘンダ〜ゾウさんが埋もれてた!」IMGP2519.jpgIMGP2360.jpg



まだまだ山の様に雪はどっさり残っていますが、、、
少しずつ日常に向けて日々更新中

雪の回廊」では車は通れません。
「田舎では車がないと暮らせない」


さ〜〜て。
東京に通勤している夫は駅まで行けない〜
駅近くの借りている駐車場も周辺も雪山とのことです…
雪の運び場所が…ない。これも問題ですね。
イツカ解けるとしても…
氷点下10℃の毎朝。
どうやら雪を冷凍保存してくれているのね(笑)


夫は昨日。雪の回廊を歩いて、、、
タクシーで(バイパスまできてもらい)久々に通勤を開始できましたが…
タクシーはチェーンを巻いていたそうですがそれでも…
凍結したわだちにハンドルは取られがち。かなりキケンだそうです。
片側通行で、譲り合いながら、積まれた雪をよけながら…リスクいっぱい。
東京からの帰り、お土産?(いえいえ、地道な食料品です)で、納豆、卵やパンetc.助かったな。

その後の「雪の回廊」2471.jpg

スコップの人力で車道幅まで広げるのはタイヘンだ〜
バイパスまで距離もあります。
近辺は数件の家と別荘。なので動ける人出も頼りない。

軽井沢町。
でも、除雪されない道はうちだけではないのです。
車道どころか「雪の回廊」があればまだいいという
別荘地も多いようでした。
それはいまだ未確認のようです。
「陸の孤島」があちこちにあるということでもあるのです。

砂利道の町道は行政の除雪を待つのでしょうね。
別荘地の私道はお日様に頼んで雪解けを待つことでしょうか。
でも一向に減らないこの深さの雪!
いつのことでしょうか?
ま、仕方がない?としか

ーその時ー奇跡?が起こったのです。
ゴゴゴッ〜グググーン
突如としてショベルカーが出現。
(関連ないけど「Life is beautiful」の最後の場面が浮かんでしまった)
近所で新築工事中だった業者が一気に道を作ってくれた!
バイパスからつながる町道の除雪の予定を、
役場に問い合わせて聞いたら、一番最後と言う。へ?
(どういう順番かは疑問ですが…)いつのことでしょう。
で、そのT建築会社が自分で一気に除雪したのでした。
(工事が遅れるという事もあったでしょうけど)
そのおかげで私たちも助かった。です。
軽自動車が一台分は通れるようになりました。
ラッキ〜!ありがとうございます!

さっき先週の金曜日以来の新聞が来ていた〜うれしい!
IMGP2543.jpg ささやかな日常の風景。

でも…もしその工事現場がなかったら?!(◎_◎;)
アワワワ〜考えたくな〜いデスね。

庭に雪の山ができたので、ながめて暮らしています(ていうか周囲が雪山ですけど)

二十四節気では「雨水」
暦では、雪に変わり、暖かな雨が地面を潤す頃。
草花たちは雪の重みに耐えています。
小鳥たちもゴハンを求めてすぐ近くまで来てる〜
何時の間にか餌がなくなってるぅ…
キミたちも食べるものがないのね。
IMGP2539.jpg



IMGP2437.jpg

自然の力で、おひさまがやがてこの雪を消してくれると思います。
気温が上がらないのでいつになるかわかりませんが…
いずれにしても
自然の力によって災いもあり、
また、恵みもある…ということ…

そう…今は、真冬の軽井沢。
でもいつか春。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
コメント
No title
いや~これはすごい!
こんなに大変なことになっていたなんて! 軽井沢は雪の対策がちゃんとしているだろうから、、と漠然と思っていたけど、こんな大変な状態だったとは!びっくりしました。  でもショベルカーが来て、何とか道ができてよかった~
ほんとに心細かったことでしょう。
こんな時はやはりSNS?必要ですね。
どうもお疲れ様です。
Re: おじおばさん ありがとー
>軽井沢は雪の対策がちゃんとしているだろうから?

はぁ。
軽井沢は寒冷地だけど、雪国ではないのよ。
でも、、最近のようすからどーだかです。
これも異常気象?
まだ車の運転はできない。
道は狭くて、でこぼこのわだちや、あちこちに雪の山で見通しも悪いし、凍結も。
しばらくこもるしかないみたい。トホホです。
ライフラインはあるから生きていられる〜状態。

管理者のみに表示