軽井沢は美味しい vol.5…リンゴとお酒。

2015.01.16.Fri.18:27

軽井沢は美味しい
ちょこっとですが、リンゴ日本酒の事


長野はリンゴの美味しい土地。
時々、珍しい種類のりんごがスーパーでも売られています。
出会ったら買わずにいられません。
それぞれ特徴があり、美味しいですから。
我が家では、私とるんがりんご大好きなので
常に数種類キープしていますよ〜o(^▽^)o




お正月2日にオープンしていた軽井沢店スーパー「マツヤ」
「名月」
と言うリンゴが売られていました。IMGP6278.jpg

アカギとフジの交配 種。円錐形、蜜が多く多汁、芳香あり、爽やかなリンゴと言う。栽培面積が少ないので希少とか…田七屋の自然農法で作られたりんごで文言通りに美味しいです。なかなか見かけないかも…



私が感動した最後のりんごの話
それはひだまりで買った小粒なフジ
見た目も大きさもお家のお庭のりんごみたいでした…が、
食べてみてびっくりでした。ほとんどが蜜だった〜
ジューシーで爽やかな甘さは数ヶ月経ても変わらなく
お日様や大地のパワーが凝縮された小さな金のリンゴみたい
ひだまりの先のシーズン最後の日に売られていました。11月のことです。

夫の好きな日本酒の事
IMGP6417.jpg
左側。「黒沢酒造
海外でも好まれている日本酒だそうです。
ラベルに書かれた「生酛(きもと)作り」とは?
日本酒の製法用語の一つだそうです、現存する酒造りの技法の中でもっとも伝統的な造り方であるという。生もと作りはたいへんな労働を必要とするので一時遠ざかっていたらしいが、伝統文化が見直される最近。復興されてきたらしい、、、その「生酛(きもと)作り」にこだわった黒沢酒造のこの日本酒が最近の夫のお気に入りになっています。
右側。「寒竹」
普段からお気に入りです。
この「しぼりたて」は冬のシーズンだけのフレッシュな新酒で春まで楽しめます。
日本酒も季節と行程で豊かなバリエーションに出会えるのですね!

夫は周知?のようにお酒好き人間です。
最近は一升瓶を隣においてコップで、、(豪快?)

スーパー軽井沢ツルヤではこのように長野県内の数多くの醸造所からの
季節折々の日本酒が販売されているのです。
遠くの蔵元まで出向かなくてもいろいろな銘柄を楽しめます。
そして、、どれもそれぞれに旨い…らしい(‾_‾;)
やっぱり「軽井沢は美味しい」それはささやかな至福です

おまけです
IMGP6414.jpg
軽井沢。デッキのうっすら雪と朝焼け
「雪の降らない週はないね」という最近です



それでも、、、

IMGP6428.jpg
最近の日中はこんな空も。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
コメント

管理者のみに表示