軽井沢に暮らして不思議  その1

2013.01.07.Mon.10:02
CIMG7492.jpg
毎日、空が本当に青いので見とれてしまう。樹木の名前が分かっていないので、庭の大きな二本の木には
「バオバブの木」と命名。(なわけがないが)そう呼びたくなる形状を夏にはしていたのだがのぅ。
冬、葉が落ちたらふつー。あれ?です。

不思議、、。いくつか「オモシロイ」と思う事がある。
そのひとつ。
新聞配達の事。
継続して新聞をとる連絡は代理店が手配してくれ引っ越した日から配達してくれた。
夫も朝刊を読んで出勤という習慣が変わる事なく生活感があった。
しかも配達時間が超早くて助かった(ご苦労様です)
私も長い間の習慣的で新聞を読まない時はない。好きなコラムやお気に入りのコーナーもある。
また、夕刊は案外様々な情報があり、私には欠かせない午後の日常だ。
「夕刊はありません」
「え??」
どうやら夕刊の配達がないのではなく夕刊が発行されていないと言う事だった。
おやつ時間が無くなったみたいにがっかりしたが仕方がない。
ところが。
何と!朝刊に殆どの私が気になる記事やコラムが載っているではないの。
な〜〜んだそれなら満足の巻き。
「ヨカッタ ヨカッタ」
ということで一件落着した気持ちだった。

ちなみに今日の平均気温が2℃と聞いて「あら、あったかいのね」とついに思ってしまう私たちだった。
それにしても「オリーブの木」が心配です、、。凍りそうであげられなかった水やり。今日は出来る!
今は葉っぱが茶色になってしまった、、(泣)ガンバレ〜
CIMG7733.jpg

昨日は(私の運転で)初めて六辻交差点に行ってみた。
「ラウンドアバウト」という交差点が実験的に出来たと言うので気になっていた。
イギリスやフランスでドライブすると普通に出会う交差点である。
合理的だと感心していたものだったが軽井沢にも出来たと言う。
でも思ったより小規模だったという感想です。
決して直進優先ではなく左折優先。時計回りに走る。
順番が来た所で左に曲がればいい(つまり右折が一番最後だ)。
右折はなく車同士が交差しない。
でも複雑で交通量の多いパリでの話。
永遠に?曲がる事が出来ないのではないかと思うくらい何周もしてしまったと言う事も(笑)
ここは一車線だが、2、3車線あるとちょっと外れる判断が難しいかもしれない。
でもオススメ。五叉路以上の交差点で信号もいらない。
昔、国立駅前が今思えばこの法則だったように記憶している(最近行っていないので不明)
日本でも早めに慣れて利用して欲しいと思う。










コメント

管理者のみに表示