軽井沢で見つけた豆腐料理ランチ「松水庵」

2013.01.21.Mon.10:35
CIMG7864.jpg
夫が見つけた長野県産の大豆を使った軽井沢豆腐の松水庵という豆腐料理店にいった。松水庵
CIMG7865.jpg

いつも通る別荘とショップが森の中に点在する中軽井沢駅に近いロケーション。
周りは普通の住宅という雰囲気。
お店の方の対応はホスピタリティ満点です。気持ちよくお食事できました。
店は広めの前庭の駐車場に面していてゆとりのある個室(とても落ち着きます)だった。
インテリアは李朝風家具や上質なテーブルの印象。
テーブルは他の店でも見た細かい木彫りの細工があって美しい。
軽井沢彫りとも違うように見えるがどうなんだろう。
プライベート感あり、落ち着いて上質な食事が出来ると思う。
すぐに板前さんも出迎えに。うれしいですね!
ランチタイムの3千円台と、4千円台の2コースをそれぞれ注文。
ただ、普段のランチタイムにしてはお値段が、、、。
特別な時の会食にはおすすめです。

豆腐料理には結構うるさい私たちなので辛口情報になってしまうかもしれない。

北千住に「宇豆基野」の本店の湯葉専門店が近所にあり季節折々で利用した。宇豆基野
ヘルシーな湯葉と豆腐が存分に食べられ、友人たちにも評判がよいおすすめの店だ。

松水庵の雰囲気も、丁寧な料理も悪くない、1月なのでお正月を意識した品々だったと思う。
ただ、申し訳ないがコスパ面の比較で残念だけど差を大きく感じてしまった。
比較する方がいけないのかもしれない。ゴメンナサイ。
軽井沢だから仕方がいない?と言えばおしまいだ。

豆腐は大好きだ。
水と空気が美味しい土地なら豆腐もおいしい。
盛岡は水が美味しい。街中の実家も井戸水だ。
菩提寺である祇陀寺と原敬のお墓のある隣の大慈寺界隈には今でも清水が湧き出て生活水として使われている。
そこに美味しい豆腐屋と蕎麦屋がある。
豆腐屋に入れ物を持って行って出来立ての「おぼろ豆腐」を買い求めていたことがあった。
今は?もう昔の事、、かもしれない。

京都、嵯峨野の有名な豆腐店「森嘉」は知っている人も多いと思う。
しかもその地に行かなくては食べられない豆腐なのだ。
一度食べたら忘れられない豆腐である。それを食べに嵯峨野に行くと言ってもいい。
そこに比べるたらなかなか出会う豆腐も難しいけれど、、、。
「大豆の甘さ」と「美味しい水」のシンプルな味わいが原点だと思う。
なので豆腐にはつい厳しい基準をもっている。

豆腐を食べに冬の京都も悪くないが底冷えは軽井沢に近いかもしれない?
ぶるっ。
旅は暖かい土地にしようっと。
CIMG7873.jpg
逆光で見えないけれど。
どっさり積もった雪の上に更に雪がさらさらと降って昨日の朝は「樹氷」。
昼には消えてしまったが「キレイ」だった。
最近は夫は雪にうんざりしている。
私は通勤する訳でないのでうっとりまだ雪景色に見とれているが,,,
いずれ「大寒」
まだまだ冬は続く。



コメント

管理者のみに表示