軽井沢「石の教会」

2013.03.22.Fri.09:05
CIMG8394.jpg
ここにも行きたかったのです
石の教会
自然の森の中にひっそりと建つ。
今までに見たプロテスタントの教会の中で初めて「真摯な精神性」を感じる、
石と木で出来た美しい教会だ。
憧れて結婚式を挙げる人も多いと聞く。
朝早めの時間でまだ訪れる人もいない。
階段を上がって行くと、礼拝堂で休むようにと掃除をしていた尼僧が案内してくれる。
礼拝堂の中は素晴らしい。
緑の羊歯で覆われた石壁には清水のせせらぎが絶えなく全ての空気を浄化しているようだった。
森からは鳥たちのさえずり、、。
CIMG8404.jpg
ここもシーズンには「観光地」になってこの「静寂」も感じられなくなるのかな?

3月も終わりに。やっと雪がなくなった。
本当の春が軽井沢に来る前に少しずつ静かな時にと、、探索しているこの頃です。


朝晩はまだ零下ですが日中はかなり気温もあがり16℃になる事も!
今年は雪が多く、寒かったという、初めて過ごすこの寒冷地、軽井沢の冬だった。
なんとか過ぎた感じ、、です。どれだけ心配したかぁ〜〜。

ストーブもつける日も減った。零下の朝くらいかな(新幹線通勤で五時起きなので)
午前10時くらいには消すけれど、、ね。
お日様が充分に入ってくる頃(太陽光も大活躍する時間だ)


「朝日と夕日の入る家」が希望だった事で
夕日の事は前に書いたっけ。
ところで、
朝日は一直線の弓のように思いっきり射し込む。ぎゅぃ〜〜んって。
ダイニングの窓から一本の光の束が入ってくるのは気持ちがいい。
やがてお日様は少しずつ位置を変えて柔らかく散漫な光に変わって行く。ぼわわ〜〜んと。
その変化を楽しむ、、わんこも(るん)。CIMG8349.jpg

そうそう、しょっちゅう、プリンスアウトレットではバーゲンをする。
元からアウトレットなのにさらにセール。どんだけ安いの〜です。
と言う訳で「衣」の分野はおおかた満足している。今回もLLBeanでクーポン券もつかって
正規価格のジャケットのアウトレットを結局500円でゲット。
え?いいのぉ〜て言いたくなるけどうれしいな、実際。
これからインフレ推奨の政治で庶民の私は大迷惑。円安もちぃっともうれしくな〜い。

ところでニュース。
長野県民が長寿とか?
長野県民が幸福度も一番とか?

どうやらそんなデータが出た様です。
私たち、まだほやほやの長野県民ですが嬉しいですね!
わたしは密かに「1000mの高地の空気がいい」のでは?
という想定で東京と佐久の病院に関わっているドクターに以前聞いた事があったけど。
「聞いた事がないな」と一蹴。
そうかな。どうなんでしょう、、。
「水」「空気」は生きる事に不可欠な基本条件と思うんだけどね。












コメント

管理者のみに表示