建築家の吉村順三さんと中村好文さんの本&蝉の声

2013.06.05.Wed.11:28
毎日、賑やかな鳥の声です。
昔話の「ききみみずきん」が欲しいなとよく思ったものです。
動物たちの言葉がわかる不思議なスカーフ?のようなもの。
おとぎ話の世界。

おや?発見。ウグイスは「ホーホケキョ」だけではないのね。
また素朴な発見です。鳥って案外どこまでも歩くのね。
際立つアオゲラの声。どどっ!キツツキくんだワ!
可愛い小鳥たち(区別ができないのでまとめて)のさえずり。

ん?鳥たちに混じって聞こえるのは…蝉?
えー、初めて聞きました。
あの真夏のジージー、ミンミンいう蝉ではない。
エゾハルセミ
BGMでスルーしちゃいそうなくらい主張しない声。
軽井沢にもセミはいた!
誰かが「ここには蝉はいない」とか言っていた。
刷り込まれた夏の風物詩がないとは…淋しいワと思っていたのでした。
うれしい…
けど、真夏ではないネ(複雑)
それと「ひぐらし」もいると聞いた。個人的に一番好きなセミです。
まだ聞いていないけど、待ってるよ〜。

中軽井沢図書館に。
軽井沢の家を建てる時に参考にした本があります。
その一冊を図書館で借りてきた。
中軽井沢図書館には案外(私がマニアックなのか?)見つからない本が多いのが残念。
探し疲れて、、今回は「眺める」本に決定。
吉村順三さんの「小さな森の家(軽井沢山荘物語)
2005年のことだが芸大美術館で「吉村順三建築展」を見た。
その時の美しいポスターに魅了された。
それが軽井沢山荘だった。
その時は軽井沢に住むとは思ってもみなかったが、、。

もう一冊は今も手元にある、中村好文さんの本。
中村好文「普通の住宅、普通の別荘
個性的で遊びを感じる楽しい家のプランが盛り沢山かな。
私のお気に入りの建築家たちの本の紹介でした。

軽井沢の珈琲の事。
父に毎年珈琲を送っている。
高齢だがコーヒー好き、本物思考?でうるさいけど自分では点てられない。
で、ドリップバッグタイプがいい。
今までは大手メーカーを送っていたが、軽井沢にはこだわりの珈琲メーカーが多い。
今回は追分の「軽井沢珈琲倶楽部カワンルマー」にいってみた。
軽井沢珈琲俱楽部カワンルマー
CIMG8960.jpg

焙煎工場併設、カフェもある。配送してくれる。
自分用に買って試飲。ほ~深い味わいでグッドです。ほっこりコーヒーブレイク。

そうそう…
軽井沢図書館の前ってことは駅前に、お惣菜&お弁当のお店があります。
けろけろキッチン」数種類おかずを買って見ました。
けろけろキッチン

まず。大好きなキッシュ。
 CIMG9053.jpg
夫のチョイスの人気のポークソティー。
 CIMG9054.jpg
切り干し大根。
 CIMG9056.jpg
その他イロイロ。
どれも、懐かしい味、優しい味。おうちゴハンです。
種類も多い。主婦の助っ人?便利だと思います。
安心できる素材で美味しいお総菜たちに目移り〜。
店主のコンセプトが生きています。
小さな子供にも安心して食べさせられそうですね。
次はお弁当も買いに行くつもり。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村




コメント
初めてコメントさせていただきます。
数年後、定年になったら軽井沢暮らしをしようっと考えていたのですが冬の寒さで断念。夏だけ過ごしています。

吉村順三と中村好文といったらレーモンドの系列ですね。
こないだの週末に学生を引き連れて小さな森の家を見に行きました。毎年5月に行っています。
中村先生には先日、職場で講演をお願いしました。

中軽井沢でしたらロイヤルプリンス通りにあるCoffee House Ray をお勧めします。渡邉 康先生の設計で落ち着けますよ。

わんちゃんも登場して欲しいです。今年はお盆前から1ヶ月くらい軽井沢に滞在予定です。
Re:はじめまして

ブログ見ました!人間味溢れる?わんちゃんたち。
存在感がありますネ。楽しく拝見させて頂きました。

まだ新しい暮らしに気を取られているのです。
ひとりっこのるんですが(箱入り)いつか登場。ヨロシクです。

森の中のカフェ教えて頂いてありがとうございます。
いつの時代でもモダンと言われ今も、歴史に残る建物にはとても惹かれます。
軽井沢にはそういう家が多いのですね。
散策が楽しみです(フットワークは不自由なのですが)

軽井沢は観光シーズン突入。あちこち混雑して来た感じですが。
enjoy&happy lifeをお過ごしください。





管理者のみに表示