「木漏れ日の庭で」造園家中谷耿一郎さんの本

2013.06.28.Fri.13:17
木洩れ日の庭で-中谷耿一郎
ランドスケープデザインというのは…
家や庭を作る時に自分の土地だけで設計するのではない事。
周囲の自然、もっと大きくいえば町全体で美しい調和を感じる意識は必要だと思うのです。
いつも…日本の町並みではがっかりする事が多い。
都会の住宅地ではバラバラなプレハブで区切られたぎゅうぎゅうの家が並ぶ。
郊外では大きな宣伝用の看板が景観を台無しに。
観光地ではハリボテ風の作り物の街を作って良しと思っている風も。
心地よい街並み。
美しい自然環境。
歴史ある風情。

などを意識した、大きな「ランドスケープ」としての街、町、村つくりが出来たらいいな〜
と思うのですけど…
というような壮大なスケールで考えるととても疲れてしまう。
現実的には理想論です。ね。
ちっぽけな私ではムリムリ〜。

「木漏れ日の庭で」
この本は私でも始められそうな居心地の良い「庭作り」のヒントが詰まっていました。
たくさんの美しい庭の写真にも癒されます。
そして…親近感が感じられる風景です。
季節折々の丁寧なコラムを読んだ後は「心のご飯」を食べたみたいな充足感も感じました。
中谷さんの八ヶ岳の山荘の庭作りのお話ですが、十分、その場面は軽井沢にも重なります。
残念ながら、中軽井沢図書館にはなかったのです。
でも手元に置きたい本だったので。
オススメの一冊です。

塩沢湖タリアセン
CIMG9252.jpg

昨日の午後は梅雨の晴れ間。
高校時代の友人が新幹線できてくれました。
「塩沢湖タリアセン」にイングリッシュローズを見に行きました。
ほぼ満開の薔薇に囲まれた遊歩道は気持ちが良かったなぁ〜。
あらゆる植物の専門家と言えるくらい豊富な知識と経験を持つ友。
いろいろ教えてもらいながら…の散歩は10倍楽しい。

CIMG9256.jpg

CIMG9251.jpg

CIMG9253.jpg

CIMG9257.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村








コメント
素敵な景色。そちらはまだバラが咲いてるんですね~

庭作り色々考えるのって、楽しいものね。


行っていいなら、そのうち予定立てたいと思います~
連絡ありがと
コメントアリガトウ。

いつでも待ってまーす。

まだ空いてる時期。

お庭も欲張りすぎていかん。

ごちゃごちゃになりそうだ。


管理者のみに表示