アシナガバチも住んでいる庭、シジュウカラの家族は?

2013.07.22.Mon.10:35
暑い週のあとに涼しい週。また暑い週がきたり…
の、今年の夏。
7月の軽井沢はそれでも朝夕はかなり涼しいと感じる。
楽観できないことは、日中の紫外線はきっと。強いよぉぉ。高度1000mです。
鳥たちのにぎやかな声に起こされて時間を見たら4時!まだ早すぎる〜ZZZzz

毎週、佐久に出かける時思うこと。
佐久は平らな大地だ。
日差しを遮る森が少ないので「太陽がいっぱい」
御代田〜追分〜中軽井沢の帰りの道のりでいつもその変化を感じる。
森の密度が増えることに比例して気温が下がり冷涼になる。
最後に、木漏れ日で未舗装の近所の森の中の道を通ると軽井沢に帰って来たなぁ〜と感じるのがイイ気持ちです。
ちょっとした移動なのにこんなに雰囲気、気候も違うのって面白いと思う。

招かれざる客。
アシナガバチもやって来た」

バスルームの大きな窓から中庭が見える。
昨夕、のんびり眺めていた時。
軒下にアシナガバチが二匹。出入りしている?様子に気がついた。
案の定、まだ小さいけどしっかりと六角形のお家建築中だった。

IMGP0123.jpg


地元の人たちに相談してみる。
やはり早めに取り除いた方がいいという。
アシナガバチの危険な時期は6月〜9月の巣の発達時期という。
蜂は確かに益虫でもあることは知っています。
できればそっとしておきたかったの。
でも、夏休み時期は小さな子供達も遊びにくるので、リスクは避けたいと思う。それで…
来週の撤去予定になりました。ゴメンネ…

春に「シジュウカラ」が子育てをしていた。
しばらくえさを運んでいて番の鳥たちは忙しそうだった。
その後。
植木屋さんも頻繁に出入りしていたり。朝夕、芝生の種まき水やり、、
その度に警戒の声を上げていたのだった。
なるべくそーっとしたつもりだったけど。
ひなの声も聞かれそろそろ巣立ちかな?
土砂降りの雨も、、
気温も下がったり。
心配していた。
気がついたら静かになっていた。
でも悪い予感がする。
土曜日に巣箱のお掃除をした。
案の定,羽の生えた無言のヒナたちが埋もれていた。
かわいそうに、、。お腹をすかせ口を開けたままで、、。
騒がしかったせいで親たちが放棄したのかも。
折角住んでくれたのに(泣)

IMGP0127.jpg


おまけ。
またまた…
農協のビジュアルな野菜。
IMGP0108.jpg

ナスです。
イタリアのゼブラナスとか?
スペインの「リスタータデガンディア」かも?
どっちかでしょうか。
絵心を誘う美しい野菜と思うのです。

軽井沢のトウモロコシはおいしい。
出る時期も短いよとと聞いていたので楽しみにしていた。
いろいろな種類があるのね。知らなかった〜。」
何を選んでいいかわかりません。
今回は名前に惹かれて「バニラッシュ
甘くやわらか〜〜い。急いで茹でました。
時間が味の命なので美味しかった~
IMGP0103.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ
にほんブログ村
コメント

管理者のみに表示